話題の小説 もっと見る

読書と映画を趣味にすることで得られるメリット

読書や映画は自分が知らない世界を見せてくれる

本や映画の世界では、非日常を味わうことができます。それが僕が本や映画を趣味にしている理由です。

いつもの通勤の合間にも本を読むことを欠かさないのは、それが楽しいからです。最近は活字離れが嘆かれ、本が売れないと本屋の店主が嘆く世の中です。そんな時代でも、本はまだまだ求められます

なぜなら、読書を通してしか体験できない世界や考え方があり、膨大な知識があるからです。

小説を読めば、自分とは違う立場の人の体験を文字を通して垣間見ることができます。

もちろん、実体験にはかなわないけれど、いろいろな立場や環境に置かれた人の心境を想像できるような共感力が育ちます。それが、本を読むとコミュニケーション能力が上がるといわれる所以でもあります。

映画は映像や音で感情を揺さぶってくれる

そして、優れた内容の映画は人の心を動かすだけの力を秘めています。

ダイナミックな映像描写や、感情を揺さぶるようなストーリー展開、そして

登場人物にたやすく感情移入できることがその映画を好きになる理由になっています。

映画は小説とは違い、たったの2時間くらいで終わってしまいます。映画館に行けばかなりお金もかかります。それが今は、自宅にいながらでも見ることができる定額サービスが登場しています。

ここでは、僕が良いと思った本や映画を紹介しています

当サイトでは、僕が良いと思った本や映画をカテゴリーや種類別に分類して更新していきます。

本や映画をできるだけ安く楽しめるサービスについての詳細情報も併せて公開していきます。

このサイトを参考に、優れた本や映画を探してみてください。

本や映画がある暮らしは自分の心を豊かにしてくれます。自分が体験できないことを疑似体験することができます。人々のためになるような、読んでいて楽しくて心に残るようなものがある、

そんな本や映画を探求しつつ更新していきます。